トップページ > SEO対策 > グーグルが上位に掲載しないサイトとは

上位に表示されないサイトの特徴

※グーグルが上位に掲載するサイトの条件とは の記事もあわせて御覧ください。
まず、グーグルが上位に表示しないサイトですが
言い換えるとグーグルが表示する必要の無いサイトという事になります。
厳しい言い方ですと、ネット上で価値の低いサイトです。
細かい話になりますが
グーグルの検索エンジンがサイトを紹介(表示)するまでの順序として
グーグルのクローラーがホームページ内を巡回します。
これは情報の収拾であり、インデックスではありません。
グーグルのクローラーは、まず、全ての情報を収拾したあと
その情報をインデックスするかどうかの判断をします。
インデックスしない情報は、グーグル検索で上位に表示される事はありません。
グーグルのクローラーが情報を収拾し、インデックスされた情報が
グーグル検索で上位に表示される可能性があるページです。
基本として、まず、グーグルにインデックスさせる事が重要となります。
グーグルへインデックスの要請は、やらなくても良い事になっていますが
グーグルウェブマスターツールの『健全性』タブの『Fetch as Google』から
インデックス登録の要請が出せます。
ここで、インデックスに登録された後、掲載順位が低いといった話になります。

掲載準位が低いサイトとは

・オリジナルコンテンツではない。
ネット上にある情報をくっつけただけのサイトは上位に掲載されません。
上手く組み合わせたり、参照しながら新しい情報を追加する場合はこの限りではありません。

・他サイトからリンクされていない(被リンクがない)
この被リンクですが、多くあればそれだけ上位に表示されるという意味ではなく
被リンクが数件しかないと上位表示は難しいという意味です。
表現が難しいのですが
『良いサイトは他からリンクされる』という事です。
例えると『良い論文は、多くの学者に引用される』という事です。
逆から言うと、グーグルは
リンクされていないサイトは価値が低い と判断します。
※外部SEO対策の参考にして下さい。

・メタ情報がサイト内容に沿っていない。
メタ情報がサイトの内容に沿っていないサイトは多く見かけます。
1 キーワード
<meta name=”Keywords” content=”キーワード,キーワード,キーワード” />
XHTMLではこのように記述しますが
記述するキーワードが、実際サイト内で使われていない事が多いです。
細かくチェックしながら記述すれば問題ありませんが
このキーワードで検索されたい! ではダメです。
このサイトで使われている文章の中で重要なキーワードはこれです!
という使い方をして下さい。
また、重複して記述してはいけません。
細かくチェック出来ない場合は、キーワードのメタは全て削除しましょう。
2 タイトル、ディスクリプション、H1、H2タイトルの重複
サイト内の重要部分は全て書き出し、最適な状態に書き直しましょう。
グーグルウェブマスターツールでの警告をチェックしても良いです。

・キーワードに沿った内容ではない。
これは元も子もないですが、キーワードに沿った内容ではないサイトは
そのキーワードで上位に表示される事はありません。
キーワードは言葉遊びの部分があります。
このサイトは『SEO対策会社』キーワードで上位に表示されていますが
上位に表示するために
・SEO対策会社とは?
・SEO対策会社の情報
・SEO対策会社の選び方
・SEO対策の方法
・SEO対策の料金
それぞれ、説明し、その答えまで記述しています。
グーグルは、そこに注目し
検索エンジンのユーザーが『SEO対策会社』と検索をすると
東京WEB企画のサイトを紹介しておこう となる訳です。
それは、明確な答えが掲載されているサイトだからです。
参考にして下さい。

SEO対策へ戻る

SITE MENU

SEO対策google+1

SEO対策facebook

SEO対策feed

Copyright(C) 東京WEB企画 All Rights Reserved.