トップページ > SEO対策 > リンクファーム

やってはいけないSEO対策リンクファームとは、その手法

リンクファーム

被リンクを増やしたい時に陥りやすいリンクファームです。
相互リンク専用サイトやメルマガ受信を引き換えに発リンクをするサイト
有料の審査をして登録するディレクトリサーチ
※ブログランキングと謳っているサイトも相互リンクサイトです。
このようなサイトを多く利用すると、リンクファームとして扱われる可能性があります。

他には、発リンク元のページランクも高い方が良いだろう、と考え
その発リンク元同士も相互リンクでつなぎ、それぞれが被リンク、発リンクの状態にします。
巨大相互リンクの輪が完成し、個々のページから発リンクする手法。
(おお、発リンク元までSEO対策出来る!)というのが落とし穴です。
これが、典型的なリンクファームです。

ちなみに、このリンクファームはペナルティの対象となります。
(グーグルからインデックスを削除されます)

間違えやすいのは、これはペンギンアップデートでのペナルティです。
パンダアップデートは、リンクファーム自体のサイト価値が下げられただけです。
リンクファーム自体はパンダによってランクダウン。
リンクファームからSEO対策を行ったサイトはペンギンによりペナルティです。
この2つのアップデートで、本来意味のないリンク(質の低いリンク)は
危険な行為となりました。

その他にも、古いサイトに多いのですが
フッタ部分に、他サイトとのリンクを小さいスペースで行なっているサイト。
(スクロールバーや小さい文字で行なっている事が多い)
これも、リンクファームとして判定されるようですので、ご注意下さい。

リンクファームという言葉は広く使われているので
ここで取り上げた内容は、その一部です。

多くのリンクを貰ってページランクを上げたいとお考えの方は
同業の他サイトと、相互リンクをすると良いです。

過去、多くのリンク集へ登録した方は
ウェブマスターツールをチェックして、警告されていなければそのまま放置で良いと思います。
そして、それ以上リンクを増やすのはやめましょう。

SEO対策へ戻る

SITE MENU

SEO対策google+1

SEO対策facebook

SEO対策feed

Copyright(C) ITサポートねりま All Rights Reserved.